RPA支援・事務の人材をお探しならアウトソーシングのビークスファインへ

WinActor

 

RPA(ロボティクス・プロセス・オートメーション)とは・・・
〘ソフトウエアによりルーチン作業等をロボット化することで人と同じようなPC操作をするツール〙のことをRPAと称します。
RPAが注目されている理由として、2060年国民の2.5人に1人が65歳以上の高齢者となり、生産年齢人口の減少による人手不足が課題とされています。

RPAはホワイトカラー業務に対応できる技術として大きく注目されています。 

RPA「WinActor・ウィンアクター」
は、NTTアドバンステクノロジ株式会社の提供する純国産  ロボティック・プロセス・オートメーションツールです。
「WinActor」を使用することでWindows PC
のあらゆるソフトウェアの操作を記録し、自動化することができます。またWinActorが選ばれてる理由の一つに、完全日本語対応で、直観的かつ操作しやすいことが支持されています。 

RPAロボは作った後もメンテナンスが必要になります。
WinActorはNTTグループで開発された製品。国内に開発拠点があり情報連携もスムーズなので、安心して導入できます。

 

 WinActorで業務効率化
RPAは単純な作業や処理を代行することにより、入力作業従事者への負担を軽減、人間にしかできない業務に時間を充てることにより生産性向上、業務効率化につながります。

RPA導入前
・データ入力(納品書・請求書・勤怠・)
・集計・加工(売上・検収・在庫管理)
・出力業務(納品書・請求書発行)

         ・マンパワーによる各種問題点

 

BEECS FINEからRPA WinActor導入のご提案
BEECS FINEではお客様のWinActor導入支援からシナリオ作成・シナリオ作成支援を実務に合わせてご提案致します。
・日々の手入力作業によるルーチン作業
・同じ内容を何度も何カ所も入力している(製品番号や顧客名称など)
・膨大な入力データ処理
・人的ミス
・人員不足
WInActorが従来は人間にしかできなかったオフィス業務を代行

                WinActor  担当 : 沖 
                   お気軽にお問い合わせください。
                   お問い合わせ

HOME☛

PAGETOP